fum12の日記

一話完結型のブログではありません(-_-;)

ネガティブな話をして場が凍り付いた話

こんばんは。投稿11日目です。週の半分は過ぎましたね。いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、友達(Aさんとします)とご飯を食べて、プラプラしたときのお話をしようと思います。

 

例えどんなに仲が良かったとしても、久しぶりに友達と会う時は緊張しませんか?私はめちゃくちゃします。

 

なんで緊張するかって、まず本当に私となんか会って時間を無駄にしたと思わないだろうかって考えてしまうんです。私なんか面白いこと全く言わないし、話は聞いているだけだし、話したところで今その話する?なんか重くない?っていうような場違いな話しちゃうし、なんか気がついたらしらけてるんです。

 

でも、でもですね。実際に友達と会ってみると、めちゃくちゃ楽しかったりするんです。あ~来てよかった~!って。充実してた~。って。相手はどう思っているかわからないけど、確実に私は楽しませてもらっています。

 

でもそれって確実に相手のおかげなんですよね。私も相手にそうやって思ってほしいという気持ちがあります。だから何とか楽しませようって思って接したりしているんですね。

 

でも気がついたら、自分今大丈夫かな?変なこと言ってないかな?って自分のことばかり考えているんですよ。自分が相手にどう思われてるんだろうって。それって、絶対相手にとってうれしいことではないですよね。だって相手からしたら、全く自分に関心が向いてないんですから。

 

それだと本来の目的、「相手を楽しませたい」の真逆の行動をしていることになっちゃってるから、また自己嫌悪に陥るんです。はあ、今日も私はだめだった。と。

 

今の状況は

1自分といて楽しいんだろうかと悩む

2行ってみたら私は楽しかった

3相手にも楽しんでもらいたい

4相手からの評価を気にする

5自分の言動が気になる

6うまくいかないと落ち込む

7①に戻る

 

というめちゃくちゃ悪循環にいるんです。この状況を打開するにはズバリ

自己肯定感を高めるだと思います。つまり1、4、5、6を自己肯定感で一気に解決させてやろうという魂胆です。

 

私みたいにすぐ落ち込んじゃって、自信がなくなってしまうことに悩んできた人は、散々この「自己肯定感を高める」という言葉に出会ってきていると思います。

 

でもいろいろ試して、あることが分かったんです。

 

自己肯定感はある程度上げられる。そしてそれはキープされることはほとんどなく、上がったり下がったりしながらも徐々に上がっている。

 

ということです。私は結構浮き沈みが激しくて、最近全く悩みないな~ってときもあれば、は~自分のダメなところばかり目につくなあ。ってときもあるんです。今は完全に後者です。なんですが、以前に比べるとかなり自分の軸ができているんじゃないかなと思っています。自分でこっちがいいと選択し、周りに伝えられるようになったり、自分の好きなこと嫌いなことが分かって来たり、小さなことではありますけど、大進歩です。

 

何が言いたいかって、今の自分を変えたくて、満足していなくて、何かを頑張っている人ってめちゃくちゃ偉い!って話です。それだけで褒められるべきなんです。

 

みんなもそうかもしれませんが、生きていて褒められることってどんどんなくなってませんか?どんどんできて当たり前になっているんでしょうね。だからこそ何が必要かって自分で自分のことをほめること。つまり認めることなんだと思います。

 

今日も早起きできてえらい自分、脱ぎ散らかした洋服をたたんでしまえた自分、悪口を言いそうになったけど何とかこらえた自分、そんな周りが知らない自分を自分で褒めましょう。今日も一日頑張ったね。ゆっくり休んでね。おやすみなさい。

 

(そういえばAさんとのお出かけの話をしてませんでした。話したかったのは、私がAさんに出会って一年くらいたってるけどまだ人見知りしてる人がいるんだよねって話をしたら、相手が返事に困って引いてしまったという話です。)